まだまだ間に合うエイジングケア 肌に老化をもたらす敵を知ろう!

アンチエイジング
「年齢を重ねるにつれて、化粧のノリがわるくなってきた」「エイジングケアをしているのにあまり効果を感じられない」「目の下の、シワ、たるみが鏡を見るたびに気になる」「肌が白くなるにつれてシミが目立つようになってきた」。鏡に映る自分の肌に、年齢を実感したそのとき。進む肌のエイジングに、誰しもが焦り、不安を感じてしまうものです。
 エイジングケアの秘訣は、まず「敵を知る」こと。肌の老化とはいったいどういうことなのか、なぜ起こるのか。それが分かれば、おのずと若々しくいるための方法もわかってきます。まずはエイジングについて正しいし式を身に付けることが大切です。

肌に老化をもたらす敵とは?

肌の老化でいちばん恐れるべき敵は、なんといっても紫外線です!

紫外線 ~肌の老化の原因65%を占める最大の敵~

通常、日光を浴びると、肌を守ろうとしてメラニン色素がつくられ、その後ターンオーバーによって排せつされます。しかし、繰り返し紫外線を浴びてしまうと、メラノサイトの数が増え、また表皮が厚くなるなどの変化も起きて、シミができてしまうのです。

また真皮にまで到達した紫外線の影響で、肌のハリを保つコラーゲンが変性、劣化し、弾力が失われます。その結果、肌にたるみやシワが刻まれるわけです。

紫外線のダメージ

紫外線のダメージは、毎日じわじわ積み重なり、肌に貯金のように溜まっていきます。そして、あるレベルに達したとき、シミなどの肌トラブルとして表面化し、急に目立つようになります。

太陽光線をエネルギー量で分けると50%は「可視光線」で、5%が紫外線、残りは赤外線です。可視光線はまぶしく、赤外線は温かさや暑さを感じます。しかし、紫外線は熱さもまぶしさも感じないので、紫外線を浴びていることが実感できません。

紫外線は細胞まで傷つける

紫外線に当たると、肌の中でメラニン色素が作られます。美白化粧品に配合されている美白成分は、このメラニン色素の産生を抑える作用があります。

しかし、紫外線によってメラニンが増えることだけが、シミの原因ではありません。じつは、紫外線によって細胞のDNAが傷つき、そのダメージが蓄積され肌の構造そのものが変性してしまうことが、シミの原因になります。メラニンを減らすためのケアだけではシミは薄くなりません。紫外線によって変化した肌の構造を完全に元に戻すことは出来ないからです。日頃から隙のない紫外線対策で肌をしっかりガードすることが大切なのです。

日々溜まる生活紫外線

一年を通して、非丹の生活の中で少しづつ浴びている紫外線のことを生活紫外線と言います。この蓄積がシミの大きな原因になるのです。毎日2時間程度の外出で1週間に浴びる生活紫外線は、真夏に海水浴で1時間浴びた量と同じくらいになります。

活性酸素 ~着々と肌をサビつかせる宿敵~

活性酸素は、私たちの身体の細胞を強力にサビつかせる、悪玉酸素です。普通の酸素に比べて、著しく化学反応を起こしやすく、これが体内で大量に発生すると、細胞や遺伝子を傷つけ、老化を引き起こします

活性酸素は、シミやシワなどの老化のほか、がん細胞の発生にも関わることが分かっています。

体内に活性酸素を発生させるもの

人は呼吸をする際に控訴を取り入れ、エネルギーを燃焼し活動していますが、この際にも活性酸素が発生しています。本来、人体には活性酸素を除去する仕組みが備わっています。抗酸化力のある酵素などが体内で働き活性酸素を速やかに取り除いているのです。

しかし、この体内の抗酸化力も、30代以降は低下していきます。他に活性酸素をたくさん生み出しているものには、激しすぎる運動紫外線過労ストレス喫煙食品添加物大気汚染などの化学物質、酸化した油(時間がたった揚げ物など)があります。また、常に血糖値が高いと、それが体内に活性酸素を生み出し、老化やある種の発がんを促進させることが分かってきています。

炎症 ~間違ったスキンケアから炎症は引き起こされる~

頬骨の高い部分を強くこするくせのある人にできやすい、肌のこすりすぎによるシミ。コットンなどでパタパタたたきすぎると、赤ら顔になりやすく、毛細血管が赤く浮き出てくることがあります。肌に合わない化粧品を気づかずに使い続けて、シミを作ってしまうこともあります。

こうした「こする」「たたく」「ひっぱる」などの物理的刺激や「合わない化粧品」などのダメージは全て、肌に炎症を引き起こします。日常的にこのような間違ったケアを行っている人は、肌の上に慢性的な炎症を引き起こしていることになります。炎症によって活性酸素が発生し、それがつねに肌を傷つける老化を早めてしまうのです。

日々のお手入れを見直して、慢性炎症による老化からお肌を守りましょう。

血行不良 ~美容だけでなく健康にも悪影響が~

血管の役割のひとつは、肌の細胞のすみずみまで酸素と栄養を送ることです。そしてもうひとつは、不要になった二酸化炭素と老廃物を回収することです。この代謝がスムーズに行われることで、健康な肌が維持されるのです。ところが、加齢とともに血行は悪くなります。すると、肌の細胞に酸素や栄養が行き届きにくくなるうえ、老廃物がたまっています。その結果、肌老化が進み、くすみや乾燥が起こりやすくなります。

血行不良が起こす肌老化

老化とともに血管は硬くもろくなり、血行が悪くなります。これは、血管もコラーゲンなどのタンパク質で出来ており、それが弾力を失うためです。加齢で筋力が減ることも血行不良の原因になります。筋肉が動いて収縮するときに血液が巡るからです。

血行が悪くなると、肌に充分な酸素と栄養が届きにくくなります。そのため、ターンオーバーが阻害され、またコラーゲンが作られる量も減り、結果として肌老化が加速されます。

血行不良をおこすげんいんとして加齢のほかに運動不足、喫煙、生活習慣の乱れ、冷え(身体を冷やすことや冷たいものの飲食)があります。これらに気をつけて血行を維持することが、肌にも身体にも大切なのです。

まとめ

エイジングケアの秘訣は、まず紫外線対策をしっかりすること。紫外線は日々の生活の中で、浴び続けるものなので、地道な紫外線対策はとても大切です。また、激しすぎる運動、過労、ストレス、喫煙、食品添加物の摂取、大気汚染などの化学物質などは体内に活性酸素を生み出し、肌の老化を促進させます。

スキンケアに関しては、合わない化粧品を使い続けない、肌へのケアは優しく。適度な運動と体を冷やさないことで血行を常によくしていきましょう!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。