プロテオグリカンってご存じですか?

プロテオグリカン

最近話題の美容成分、プロテオグリカン。美容と健康に多くのメリットをもたらすと注目されている成分です。
ネットなどでもプロテオグリカン配合のサプリなどが話題になっていますが、その効果については、まだまだ一般の方々には浸透していないというのが実感です。

そこで今回は、プロテオグリカンのついて、分かりやすくご説明したいと思います。

プロテオグリカンとは

たんぱく質と糖鎖で出来た複合糖質になります。私たちの脳や骨、筋肉、腱、血管など様々な組織で見られる成分です。特に皮膚や軟骨などに多く存在しています。また、細胞と細胞の間を満たす細胞外マトリックスのひとつとして、ヒアルロン酸やⅡ型コラーゲンと同様に皮膚や関節の軟骨を構成し、肌では真皮層という肌の一番奥に存在し肌の潤いを保っています。

タンパク質と糖鎖で出来ている複合糖質のことで、美容と健康に多くのメリットをもたらすと注目されている成分です。

プロテオグリカンが減るとどうなるの?

加齢によって生成が減るコラーゲンやエラスチンのように、プロテオグリカンも加齢とともに減少していきます。高い保水力を持つプロテオグリカンが減少すれば、肌の潤いが減り、ハリや弾力も衰えてしまうでしょう。美肌やエイジングケアには欠かせない成分ともいえます。

プロテオグリカンの美容効果

美肌を目指すのに欠かせない成分といっても過言ではないプロテオグリカン。具体的にどんな美容に対する働きが期待できるのかご紹介します。

高い保水力に注目

ヒアルロン酸は高い保水力があることでよく知られていますが、プロテオグリカンはヒアルロン酸の保水力の1.3倍もの力を持っているといわれています。べたつきが少なく、サラッとしたテクスチャが特徴です。ヒアルロン酸よりも分子量が小さいため、浸透率が高く、時間が経過しても乾燥しにくいメリットもあります。プロテオグリカンは、乾燥肌やエイジングケアなどに適した成分です。

覚えておきたい「保湿」「補水」「保水」の違い

「保湿」ケアとは、肌が湿った状態を保つこと。一般的にはクリーム系(ナイトクリームやハンドクリーム、ボディクリームなど)のケアになります。役割は補った水分を逃がさないように「フタ」をすることとよく言われます。
「補水」ケアとは、肌に水分を補うことで化粧水やシートマスクなどはこれにあたります。役割は文字通り肌に水分を補うこと。
そして「保水」ケアとは、肌中に水分を保持しておく力を伸ばすケアのことです。

コラーゲンとヒアルロン酸を増やす

加齢とともに減少するコラーゲンやヒアルロン酸。コラーゲンとヒアルロン酸が減少した肌は、潤いやハリがなくなり、シワやたるみなどにつながります。プロテオグリカンは、美しい肌を目指すために重要な成分であるコラーゲンとヒアルロン酸の生成をうながす力を持っています。

EGF様作用

EGFとは、上皮細胞増殖(成長)因子のことです。肌の細胞を成長させて増やす因子で、ターンオーバーを正常に整える役割などを担っている因子です。このEGFは、もともと人が持っている美容成分で年齢とともに減少することが確認されています。EGFが減少すると、ターンオーバーが遅れ、肌が老化します。

プロテオグリカンにはターンオーバーのペースを整えるなど、EGFに似た働きをする力が備わっており、創傷治癒効果としても大いに期待できます。

抗酸化作用

プロテオグリカンには肌の保湿やハリ、正常なターンオーバーを保つこと以外に、抗酸化作用もあります。老化の原因ともいわれているのが活性酸素です。活性酸素が増えすぎると、体内がさびた状態になり老化します。プロテオグリカンは、老化の一因である活性酸素の発生を抑制する抗酸化作用を持ち合わせているのです。

プロテオグリカンの効果的な摂取方法

プロテオグリカンは、魚や牛などの軟骨にも含まれている成分ですが、より効率的に摂取するにはサプリメントやスキンケアで補うのがおすすめです。

内側からケアするならサプリメント

サプリメントを選ぶ際に注意したいのが、まず素材です。化学合成原料のものは、化学物質の混入や石油から作られているものもあるため避けましょう。野菜やフルーツなどの天然素材でできたものが、身体にやさしく安心です。

外側からケアするならスキンケア

外側から塗布してスキンケアをする方法として、シートマスクや化粧水、UVクリームなどにプロテオグリカンを配合したものが一般的です。日常のスキンケアとしては、化粧水や美容液がおすすめです。お家で週1回のご褒美エステとしては、SPフェイスマスクがお勧めです。

プロテオグリカン配合化粧品選びのポイント

多くのプロテオグリカン配合化粧品があるなかで、どれを選べばいいか悩むのは当然です。プロテオグリカン配合の化粧品を選ぶ際のポイントをまとめてみました。

「水」が配合されている

水とプロテオグリカンが一緒に配合されているものを選ぶのが第一のポイントです。水とプロテオグリカンは相性がよく、一緒に合わさることで肌に馴染みやすく、浸透性に優れるというメリットがあります。

非加熱で製造されている

プロテオグリカンはたんぱく質の一種です。たんぱく質は熱が加わることにより、性質が変化し効果が薄れてしまいます。プロテオグリカン配合と書いてある中でも、加熱処理をしている商品は少なくありません。非加熱で製造されているかどうかもきちんとチェックして選びましょう。

シンプルがベスト

化粧水や美容液などの化粧品には、多くの成分が配合されています。配合されている成分が多ければ多いほど、ひとつひとつの成分量が少なくなり、得たい効果が薄れてしまう可能性があります。プロテオグリカンがしっかりと含まれており、なおかつ配合成分の種類が少ないシンプルなものを選びましょう!

プロテオグリカンのまとめ

最後までお読みいただきましてありがとうございます。今回は”プロテオグリカンとは”というところから化粧品選びまでをお伝えしました。これから確実に、脚光を浴びることになる美容成分プロテオグリカン。いち早く取り入れて、キレイの若返りを図っていってください!

30代からの週1回贅沢お家エステ!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。