SP FACE MASKに配合されている美容成分とは

SP FACE MASK

最近、美容クリニックを中心に、徐々に使われ始めているフェイスマスク。
それがKAIIAGEの【SP FACE MASK】です!医療機関専売品なので市販で購入できないアイテムなのですが、エイジングケアを気にされている方には、是非お使い頂きたいアイテムです。

今回は、SP FACE MASKに配合されている美容成分に簡単に見ていきたいと思います!

お肌を整える、美容成分カルテット

SP FACE MASKには、お肌のコンディションを整えてくれる、4種の美容成分が配合されています。

それでは、4種の美容成分を見ていきましょう!

1.ヒアルロン酸

代表的な美容成分で、1gで6Lもの水分を保持できる保水力で肌の潤いを支えてくれている成分です。これだけの保水力を持っているので、ヒアルロン酸が不足すると肌の乾燥が深刻になります。また細胞同士を繋げる役割もあるから体づくりには欠かせない存在なのです。

2.アテロコラーゲン

コラーゲンとはタンパク質の一つで、炭水化物や脂質と並ぶカラダを構成するのに欠かせない成分です。肌のベースとなる「真皮」の70%〜90%がコラーゲンで作られており、肌にハリや弾力を与えることから美容成分として注目され始めました。コラーゲンは10代〜20代を境に、どんどん減少していき、40代では20代の半分からそれ以下まで減ってしまいます。

3.アルブチン

アルブチンは、厚生労働省に「美白作用がある」と正式に認められた成分です。
つまり、日焼けによるシミ・ソバカスを防止する効果が期待できます。既に出来てしまったシミを薄くすることはできませんが、これから生成されるシミの予防には効果的です。

4.プロテオグリカン

プロテオグリカンは、タンパク質と糖鎖が結合した複合糖質の一種で、今大変注目されている美容うるおい成分のひとつです。元々、私たちの皮膚や軟骨に存在し、コラーゲンやヒアルロン酸と共に健康な肌を支える役割を担っています。

プロテオグリカンの優れた特徴は?
  • コラーゲンやヒアルロン酸と比べて30%を上回る高い保湿作用
  • コラーゲンとヒアルロン酸を生み出す活性化作用
  • 肌に起こる炎症を抑える、抗炎症作用
  • 中でも、最も注目されているのが、皮膚細胞の再生やターンオーバーを促進するEGF様作用です。
EGFとは、ヒトの肌にもともと存在するタンパク質の一種で肌の新陳代謝を円滑にします。その結果、新しい活発な細胞が増えて、気になるシミやくすみを減らしてくれるうえに、創傷治癒効果も期待できるのです。しかしEGFは、何もしなければ、20代後半から急激に減少し始め40歳になると、2分の1から、3分の1ほどになってしまうと言われています。

 

プロテオグリカンには、このEGFと同じような働きがあることが分かっています。肌にプロテオグリカンを届けると、細胞はEGFと思いこみ、生き生きと活性し始めます。プロテオグリカンによってシミやシワが減り、透明感と潤いのある美しい素肌へと生まれ変わることが出来るのです

このEGF様作用はコラーゲンやヒアルロン酸にはないプロテオグリカンだけの効果です。

多彩な植物由来成分

SP FACE MASKには、4種の美容成分の他にも、9種の植物由来成分が配合されています。

◎ニンニク根エキス
◎ゴボウ根エキス
◎オドリコソウ花/葉/根エキス
◎セイヨウアカマツ球果エキス
◎アルニカ花エキス
◎カミツレ花エキス
◎セイヨウキズタ葉/茎エキス
◎オランダガラシ葉エキス
◎ローズマリー葉エキス

これら9種類の植物由来成分は、抗炎症作用、抗菌、血行促進、むくみ改善、鎮痛、皮膚代謝促進、保湿、ハリ、ツヤ、などに効果が期待できる成分です!

最後に

SP FACE MASKは、医療機関専売のフェイスマスクですので、美容クリニックでのレーザー系の施術後のスキンケアとしては、相乗効果でとても相性がいいのですが、普段のスキンケアとしても、もちろんご活用いただけます。

エイジングケアの美肌アイテムとして、是非日々の生活に組込んで見てください!

【公式】SP FACE MASK|高級プロテオグリカンを高配合
フェイスマスク1枚に、「高級プロテオグリカン」を美容液約一本分、驚異の高配合!美容業界の常識を覆す量のプロテオグリカン成分を配合した、アンチエイジング効果抜群の美容フェイスマスクです。日頃の生活習慣の乱れや、美容外科の施術後なので、早くお肌のコンディションを整えたお客様にスペシャルアンチエイジングケアとしてお勧めです。...

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。